技術系

Raspberry PiイメージRaspbian バックアップ・レスキューSDの作り方

Raspbianのバックアップ方法(例 ベリーボックス)

raspbianにはバックアップをする方法は何種類かあります。

今回は、OSごとマルッとSDにバックアップして、そのSDがレスキュSDにも活用できる一石二鳥の方法。

SD Carrd Copier」を使用した方法です。

SD Carrd Copier」の良い所は、ディスクサイズが違っても、使用容量が保存できる容量があればコピーできることです。

現在の使用容量を調べる。

GPartedをディスク使用容量を調べていきます。

画像右上のラズベリーマーク→設定→GPartedの順にクリックしてGPartedを起動します。

これを見ると12GB弱を使用しています。

Rasbianのインストールには16GB以上のSDカードが使用できます。

※ dfコマンドでもある程度わかりますが、dfコマンドはファイルシステムの情報であるため、実ディスク容量より少なく表示されます。

SDカードを挿します。

 ラズパイにはSDカードスロットがあります。

 このSDカードスロットにSDカード挿すことが出来ますが、ベリーボックスのケース(quattro)に電源が入ったまま、SDカード挿すことはおすすめできません。

 基盤がむき出しになっていますし、とても挿しづらく、誤ってショートさせてしまう可能性があります。

おすすめはダイソーで売っているSDカードリーダです。

 

ダイソーには、写真と違うSDカードリーダも売っていますが、あまりうまく動きませんでした。

写真のSDカードリーダをオススメします。

今回は、このSDカードリーダに16GBSDカードをセットして、ベリーボックスの空いているUSBコネクタに挿します。

SD Card Copier」でコピーします。

画像右上のラズベリーマーク→アクセサリ→SD Card Copierの順にクリックしてSD Card Copierを起動します。

コピー元(Copy From Device)をSSD/dev/sda

コピー先(Copy To Device)をSDカードの/dev/sdb

の設定します。

設定をしたらStartをクリックします。

Yesをクリックするとコピーが始まります。

コピーが終わるまでに数十分かかります。

 

確認

確認は、電源がOFF状態の時にラズパイのSDカードスロットにSDカードを挿して、起動します。

起動順的に、SDカードスロット>USB起動>ネットワーク起動となっています。

そのためSSDUSBに挿したままでもSDカードから起動します。

コンソールを起動して、lsblkコマンドで確認します。

mmcblk0 /boot/ にマウントされているいればSDカードで起動して正常にマウントされています。

 

まとめ

今回はベリーボックスを例に、Raspbianのバックアップを行いました。

バックアップは起動しなくなった時などの不良時に有効なため

パソコンを購入した後にすぐに行うことをお勧めします。